様々な金融商品~投資対象を選択する~

2017年10月9日投資について

一言で「投資」といっても、様々な金融商品が存在し、「何に投資するか」は悩みどころです。

特にアタマの良くない私なんかだと、投資の知識・経験・実績全てにおいて人よりも劣っている事は明白ですので、「多くの選択しから選ぶ」というよりも「限られた選択肢の中から選ぶ」しかないという事になります。

スポンサーリンク

代表的な金融商品

ネットでいろいろ調べた代表的な金融商品をあげてみたいと思います。

  1. 国債
  2. 地方債
  3. 普通社債(SB)
  4. 上場投信(ETF)
  5. 株式投信(株式投資信託)
  6. 外国投信(外国投資信託)
  7. REIT(不動産投資信託)
  8. 株式
  9. 株式ミニ投資(ミニ株)
  10. 株式累積投資(株式累投)
  11. 新規公開株
  12. 外国株式
  13. 株価指数先物取引
  14. 株価指数オプション取引
  15. 配当指数先物取引
  16. 外貨預金
  17. 外国預金
  18. 外貨MMF(外貨建てMMF)
  19. 外国債券(外債)
  20. 外国為替保証金取引(外国為替証拠金取引)
  21. 為替eワラント
  22. 金(Gold)
  23. プラチナ(白金)
  24. 銀(Silver)
  25. 商品先物取引
  26. CFD取引
  27. カバードワラント
  28. 実績配当型金銭信託

みなさん全部分かります?私は半分くらいは分かりません・・・。私が分かるものは

  1. 国債
  2. 上場投信(ETF)
  3. 株式投信(株式投資信託)
  4. 外国投信(外国投資信託)
  5. 株式
  6. 株式ミニ投資(ミニ株)
  7. 新規公開株
  8. 外国株式
  9. 外貨預金
  10. 外貨MMF(外貨建てMMF)
  11. 外国為替保証金取引(外国為替証拠金取引)
  12. 金(Gold)
  13. プラチナ(白金)
  14. 銀(Silver)
  15. 商品先物取引

この程度です。分かるというか、名前は聞いた事あるとか、何となく想像がつくものという感じです。

どうやって選ぶ?

では次に投資対象の選び方ですが・・・そもそもの知識がありませんので、どうやって選べばいいか分かりません。それも調べましたが、

金融商品は「安全性」、「流動性」、「収益性」の3つの「物差し」によって分類することで大きく整理することができます。

安全性 その商品を買えば、当初思っていたとおりの運用が出来る。または、元本が減らないということ。
流動性 必要なときにすぐにお金に変えられること。
収益性 その商品を買えば、今後値上がりが期待できるということ。

収益性と安全性、収益性と流動性がともに成り立ちにくいことからもわかるように、この3つの項目をすべて満たしている金融商品はありません。みなさんの利用目的、利用期間にあわせて、どの項目を優先させるかが重要です。

出典:モーニングスター

つまり、投資目的の優先順位を決めなさいという事ですかね・・・。

基本的に元本保証で大きく利益を得られるものは存在しないと考えた方が良さそうです。ある程度のリスクを許容しないと利益は生まれない的な感じでしょうかね?

投資できそうな商品

ある程度のリスクと、ある程度の利益を得る事ができ、当ブログの趣旨でもある

「賢人から(学ぶのは無理だから)お知恵を拝借して、その真似をしようという、いかにもダメ人間的な発想で投資をしたいと思っています。」

に沿う金融商品を推測すると・・・

  1. 上場投信(ETF)
  2. 株式投信(株式投資信託)
  3. 外国投信(外国投資信託)
  4. 株式
  5. 株式ミニ投資(ミニ株)
  6. 新規公開株
  7. 外国株式
  8. 金(Gold)
  9. プラチナ(白金)
  10. 銀(Silver)

となりそうです。ごくごく一般的な金融商品ですが、底辺人間の私でも知っているものでなければ、最終的には訳が分からなくなり大失敗しそうなので、とりあえず知識というよりも知っていて想像できそうなものに絞りました。

この中から更に吟味していきます。

・・・う~~~ん・・・何かダメダメ感丸出しって感じ・・・。

ランキングに参加しています!応援よろしくおねがいします!!
にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ にほんブログ村 株ブログ IPO・新規公開株へ にほんブログ村 その他日記ブログ 愚痴・ぼやきへ

にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ

スポンサーリンク