野村つみたて外国株投信を積み立てることに決めました!

投資について

教養のない貧乏人なりにいろいろ考えて、賢者の知恵を拝借して「野村つみたて外国株投信」をこれから積み立てていくことにしました。

私と同じように「野村つみたて外国株投信」と「楽天・全米株式インデックス・ファンド」とどちらかで悩んでいる方や、両方積み立てる方など、それぞれです。

いずれにしても自分にとっての「良い選択」ができることが大切だと思いますので、自分が納得いくまでじっくり考えて、晴れやかな気持ち?スッキリした気持ちで投資をはじめられると良いと思います。

スポンサーリンク

「野村つみたて外国株投信」

交付目論見書によると

ファンドの目的:
MSCI ACWI(除く日本、配当込み、円換算ベース)の中長期的な動きを概ね捉える投資成果を目指して運用を行ないます。

だそうです。

アセットアロケーションとかは

で調べてみました。

毎月10,000円積み立てた場合をシミュレーションしてみると、10年後の期待収益は元本1,200,000円が1,613,791円になる、413,791円(+34.48%)増える期待があるようです。

20年、30年になるともっと期待収益率は上がりますが、20年後はまだ想像できません。当面は10年後を目指したいと思っています。

積み立てはやはり毎日積立がベストか

毎月10,000円、できれば20,000円程度を目指したいんですが、それは懐次第って事になります。そうなると「野村つみたて外国株投信」は積立専用みたいで、スポットでの購入が出来ませんので、毎月の積立資金枠を決めておかないといけません。

積立方法もSBI証券を使えば

  • 毎日積立・・・毎営業日の積立
  • 毎週1回積立・・・指定した曜日で積立
  • 毎月1回積立・・・指定した日で積立
  • 複数日積立・・・毎月複数回、指定した日に積立
  • 隔月積立・・・2ヶ月に1回、指定した日に積立

から選べます。かなりバリエーション豊かです。

私が調べたところによると、いわゆるドルコスト平均法で考えると、毎日でも毎月でも最終的な結果(収益)にはそんなに差がないということらしいです。

であれば、月に1回でいいかなと思いました。

ですが、よくよく考えると、例えば指定日にお金が準備できずに足りなかったらアウトです。そうなると確実な10,000円で積み立てることになります。

しかし、給与所得や生活費以外の私の副収入やわずかな余裕資金などを考慮すると、月間で15,000~20,000円位は確保できそうな気配です。ただ、いつ確保できるかは不透明な感じですので、逆に毎日積立のように一括ではなく少しずつであれば資金の準備も間に合いそうです。

最初に1~2ヵ月分の余裕を持たせておけば、毎日積立であれば資金の準備が滞る事がないかなと思っています。

と言う訳で、毎日積立で積立てる事にします。

積立金額は毎月同じ金額じゃない

基本的に営業日ベース積立て買付けですので、月によって営業日が変われば積立て金額も変わるという事になります。まあ当然ですよね。

ちなみに、2017年の銀行系の営業日は247日、2018年は245日だそうです。

「営業日数計算」なるツールで調べました。

2017年はあと2ヶ月なのでおいといて、2018年は毎月20,000円積立てるとすると年間で240,000円必要になります。上記の営業日日数から計算すると、

240,000円 ÷ 245日 = 979.6円

となります。1日約980円で積み立てが出来そうです。あと・・・1日20円・・・1ヶ月600円で毎日1,000円積立てられます。

これはもう1,000円でいいでしょう。

と言う訳で、毎日1,000円積立てる事にします。金額的に難しくなってきたら毎日800円、毎日600円と少しずつ減らします。副収入も余裕資金も少ないので、多分増やす事はないと思います。

最初は少し多めに

2017年夏ごろからいろいろ考えていましたので、少し資金にも余裕がありますので、最初は若干多めの金額で毎日積立を設定しようと思います。

資金が減ってきたら毎日1,000円に設定を変えてそのまま放置しようと思います。

これで上手くいくのかは分かりませんが、実際にやってみないと分からない事も沢山ありますので、これで設定してみたいと思います。

ランキングに参加しています!応援よろしくおねがいします!!
にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ にほんブログ村 株ブログ IPO・新規公開株へ にほんブログ村 その他日記ブログ 愚痴・ぼやきへ

にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ

スポンサーリンク